プラチナバンドがソフトバンクモバイルに割り当て



新たに携帯電話向けに使う900MHz帯について電波監理審議会は2月29日、ソフトバンクモバイルに割り当てるのが適当と答申しました。



900MHz帯は、テレビ放送の地上デジ移行で空いた周波数帯で2GHz帯などのより高い周波数に比べ波長が長く、障害物などの妨害を受けにくいため、携帯がつながりやすいそうです。プラチナバンドと呼ばれ、ソフトバンクモバイルとNTTドコモ、au、イー・アクセスの4社が利用を申請していました。

総務省は割当先を決めるため、各社の電波の混雑具合や基地局への投資計画などを審査し29日午後に開かれた電波監理審議会にソフトバンクモバイルへの割り当てが適当との答申を受けました。
ドコモとauは既にプラチナバンドを持っていますがソフトバンクモバイルとイー・アクセスはなく、ソフトバンクモバイルとイー・アクセスの2社が有力でした。


ソフトバンクモバイルは、10年間で約8200億円を投じて900MHz対応基地局を4万2000局に増やす計画です。2014年度中に人口カバー率80%を掲げています。


また、NTTドコモは 急増するトラフィックへの対策として900MHz帯を希望していたが、申請が認められず残念,引き続き700MHz帯の獲得に向けて申請を行う としています。
auは900MHz帯について、15MHz幅でLTEを導入する計画で、急増するトラフィックを効率的に収容できると考えていた。900MHz帯でのLTEは世界初で、日本の電気通信の発展に貢献できると考えていたが、割り当てられず遺憾 とコメントしました。

これでソフトバンクの電波状況が良くなるといいですね。

コメントを投稿

 

つぶやき

Translate

Copyright © 2012 デジもっと! All rights reserved.