PC用 Kinect は日本含む12か国で2月1日発売



バルマーCEOが、Kinect for Windows は2月1日に登場することを明らかにしました。

Xbox 360のモーション操作ゲーム向けに導入された Kinect ですが、RGBカメラといった複数のセンサーを安価に提供したことから、ゲーム以外の分野でもさまざまな応用が進みつつあります。

マイクロソフトはこの現象を Kinect Effect と呼び、開発者向けにWindows 用のKinect API を提供するほか、Kinect for Windows ハードウェアの発売します。

Kinect for Windows は日本を含む12か国で、2月1日から販売予定。
価格は250ドル、後日用意される教育ユーザー価格では150ドル。
Xbox 360 では4GB本体と Kinect セットで2万9800円です。

マイクロソフトはXbox 360用は後からゲームを買ってくれることで回収する価格設定になっていること、PC版ではさまざまなハードウェアとの互換性を保証すること、また開発者向けのAPIや利用者向けのランタイムなどソフトウェアは無償で提供し、今後も定期的なアップデートを実施する「ハードウェアだけ」モデルを選択したことなどを理由として挙げています。

コメントを投稿

 

つぶやき

Translate

Copyright © 2012 デジもっと! All rights reserved.