ついにPS VITA発売開始



12月17日、PSPの後継機となる「PlayStation Vita」(PS Vita)がついに発売となった。
終電を過ぎたころには一部量販店の前に購入希望者の列ができはじめ、ここカウントダウンイベントが行われるSHIBUYA TSUTAYA(東京都渋谷区)も例外ではない。午前6時には誰よりも早く手に入れたい人々が寒空の下、発売を待っていた。


ローンチタイトルにはカプコンの「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」やスクウェア・エニックスの「地獄の軍団」やコーエーテクモゲームスの「真・三國無双 NEXT」など、24本が出そろう。

発売日の東京は、編集部のある千代田区でも3度まで下がり、立っているとすぐに震えてくる寒さ。辛そうな表情だった人々も、店内に入ると自ずと笑顔が浮かぶ。それは店内が温かかっただけではないのではないだろうか。

カウントダウンイベントにはソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役会長の平井一夫氏と同社代表取締役社長兼グループCEOのアンドリュー・ハウス氏が駆け付けた。アンドリュー氏は、発売に向けてポータブルエンターテインメントシステムの完成系をいち早く手に入れることができる幸運な人々だと、集まった参加者に感謝を述べ、続いて登壇した平井氏も、これから一緒に育てていってほしいとコメント。両名とも興奮が収まらないといった様子だった。

カウントダウンイベントは5分前から開始した。PS Vitaが発表されて現在までを振り返る映像が上映。会場に集まった参加者とともに午前7時から先行販売を開始した。恒例の手渡しセレモニーでは、一番先頭に並んでいた男性に平井氏、アンドリュー氏両名からPS Vitaが渡された。

当日の事前整理券は130枚ほどが配布され、販売開始してからも続々とPS Vitaを求める人々が続いていた

比較されるニンテンドー3DSの発売初週の販売台数は、約35万7000台。発売5週時点での累計ハード販売台数は、DSが約150万台だったのに対し、3DSは約79万台となっていた。なお、PSPは約54万台。PS Vitaは予約開始序盤こそ品薄感が漂っていたが、その後の追加予約などを経て十分に台数が確保されているのではないかという声も多い。果たしてPS Vitaの初週販売台数はどれくらい伸びるのか。

コメントを投稿

 

つぶやき

Translate

Copyright © 2012 デジもっと! All rights reserved.