SONY、大量の不正アクセスで個人情報流出


またもやSONYに不正アクセスがあり、国内外の約9万3000人分の個人情報が流出した可能性があるとSONYが発表しました。




原因は「第三者による、なりすまし」の手口だとしています。
顧客の氏名や住所、性別、誕生日、メールアドレスなどを閲覧された可能性があり、ソニーは対象顧客にメールを送り、パスワードの変更を要請します。クレジットカードの情報は含まれていないといいます。
今年の4月以降にサイバー攻撃を受けて最大で約1億人分に上る個人情報が流出し、一時はサービス停止に追い込まれていました。
今回の問題について「再発防止策を講じており、他社のサービスを利用するために使われる顧客の情報を流用し、不正アクセスした可能性がある」と説明しています。
クラッカーがまだSONYに攻撃を続けているようです...



コメントを投稿

 

つぶやき

Translate

Copyright © 2012 デジもっと! All rights reserved.