MS,ウイルスソフトがChromeをウイルスと誤検出
















マイクロソフトはウイルス対策ソフト「Security Essentials」で誤検出が発生したことを明らかにしました。

Google Chromeをウイルスとみなす誤検出をしたそうです。現在では問題は解消済みだそうです。
Security Essentialsが、Chromeを「PWS:Win32/Zbot」というウイルスだと誤検出したといいます。
そのウイルスはパスワードを盗むウイルスの一種。感染するとWebアクセスを監視し、
特定のWebサイトに送信したパスワードなどを盗聴し、攻撃者に送信するそうです。
そのため、Chromeが起動しない、あるいはWebページを適切に表示しないといった問題が発生している場合には、誤検出の影響を受けた可能性が高いと考えられます。
その場合には、Security Essentialsを更新したあとにChromeを再インストールする必要があります。

コメントを投稿

 

つぶやき

Translate

Copyright © 2012 デジもっと! All rights reserved.