docomoからGALAXY Tab 7.0 Plus 発表



たった一つのドコモタブレットとしては、サムスンが先月末に発表した GALAXY Tab 7.0 Plus が docomo SC-02Dとして発売されました。


7.0 Plus は先代の無印 Galaxy Tab 後継機にあたる7型タブレット端末。プロセッサはデュアルコアへ、プラットフォームは Android 3.2へと進化を遂げています。

主な仕様は7インチ 600 x 1024 液晶、サムスン S5PC210 プロセッサ1.2GHzデュアルコア)、1GB RAM、16GB ストレージ、microSDHCスロット。カメラはメインが約310万画素、前面が約190万画素。
無線はHSDPA 14M / HSUPA 5.7M、GSM。WiFi が802.11a/b/g/n 。5GHz帯やデュアルチャネル転送、Wi-Fi Direct にも対応するなどさりげなく先進的なWiFi機能です。Bluetooth 3.0にも対応します。
(Bluetooth4.0が発表されました)

サイズは約194 x 122 x 10mm、重さは345g。ドコモは12月発売です。

















コメントを投稿

 

つぶやき

Translate

Copyright © 2012 デジもっと! All rights reserved.